ここもずっと前から安い印刷料金で人気だったしまうまプリント
管理人もしまうま=安いというイメージが強いですが、
確実に年々デザイン数がアップしており、安いだけはないサービスに進化しています。

もっとおすすめの年賀状印刷を知りたい!という貪欲なあなたは、
サイトトップページをチェックしてみてください!

⇒年賀状印刷が安いおすすめ業者!年賀状比較ランキング

しまうまプリントの年賀状基本スペック

デザイン面

  • デザイン数:1000種類
  • 主なデザインの種類:定番、かわいい、シンプル、おもしろ、和風、結婚報告、出産報告、引っ越し、ビジネス
  • その他、独自性の高いもの:特になし

他にはないデザイン!という部分へのこだわり度は正直低いと思います。
これは種類が増えた今でもそのスタンスは変わっていないかな、と。

ですがそれはそれでいいと思います。
普通のベタなデザインをできるだけ安く!という路線は絶対多くの日本人に好まれるはずなので。

より高品質な印刷オプション

・写真仕上げ
銀塩で写真印画紙にプリントしてそれを年賀はがきに貼り合わせます。
このやり方は他でも上位オプションとしてよく利用されています。
写真がより鮮やかに見えるので、大事な人物をキレイに見せたいならおすすめですね。
また写真のフチがないのでポストカードっぽくなります。

・プレミアム仕上げ
高級感が凄すぎるシルキー紙を使った仕上げなんですが、
文字、色の鮮明さが更に1ランクアップし、写真そのものの表現力が最高レベルに到達します。
これもまたフチがありません。

基本的なオプションの説明

  1. 宛名印刷:無料!
  2. 完成後の代理投函:OK!
  3. 完成後の自宅までの送料:無料
  4. 最短納期:13:59までの注文なら当日発送!
  5. スマホ、iPhoneからの作成、発注:OK!専用アプリのインストールが必要

しまうまプリントで写真年賀状の印刷を作るとこういう感じ

普遍的な、誰にでもウケるいい意味でベタなデザインが多いしまうまプリントですが、
この干支の動物が行進しているイラストのもので作ってみたいと思います。

編集画面に行こうと思ったこのタイミングで、
どの仕上げにするかという選択肢が出てきますのでやりたいものをチョイス!
上位の高画質オプションである写真仕上げ、プレミアム仕上げもいいですが、
今回は現実的に予算のことも考えて普通の「印刷仕上げ」を選びます。

ここで「注文する」ボタンをクリックして初めて編集画面へ。
写真のアップロード/反映、差出人入力、メッセージの追加、スタンプの追加、書体設定、
こういった項目がありますので1つ1つ進めていきます。

写真のアップは他と同様ですが、
自分の家族の名前は連名枠があるわけでもなくフリースタイルで入れる感じになります。
ここは作りとしてはちょっと雑というか、
逆に言えば自分好みにできるのでカスタマイズ性が高いというか…。

そしてスタンプ機能もあっていいじゃん!と思ったんですが、
これについてはさほどクオリティは高くはなかったですね。
干支、賀詞、お正月、コメント、花、その他、というカテゴリがありましたが、
すごい!と思わされるようなものまではありませんでした。

まぁ安いのが売りの年賀状印刷なのでそこまで要求しても酷ではありますが、
スタンプに関して言えばデジプリのほうがしっかりしていたとは思います。

で、選べる書体も現状はこの4つです。
(平成明朝体、太楷書体、平成丸ゴシック体、ゴシック体)

シンプルなデザインだけあってここまでめっちゃスムーズに進みました!
編集画面も1ページ内で完結している、という点もあるかと思います。
あまり凝りすぎずにサクッと作りたい!という方にはかなりいいでしょうね!

で、今作った印刷データのサンプルがこんな感じ。
フォントもうまく選ぶことでそれなりに雰囲気は出せると思いますよ。

ここから先は注文ステップへ

色調補正というのが無料で選択できましたので、
せっかくなのでこれはお願いしておくといいと思います。
何でも、プロのオペレーターが補正を入れてくれるそうでやってもらって損はありません。

あとは同ページで使う年賀はがきの種類は印刷枚数をしておきます~。

そして次に支払方法の指定となりますが。
手数料無料のクレジットカード払い
手数料300円の代引き
手数料200円のコンビニ後払い
から選択が可能。

でこの後、配送先住所まで入れて全ての作業が完了となります。

料金の計算について

基本料金1,980円(税抜)に印刷料金が乗っかるイメージです。
しまうまプリントに関しても基本印刷代を表にまとめたかったんですが、
その表記がなく、料金シミュレーターではがき代込みで割引等も全て込み込みの最終料金しか出せませんでした。

よって、以下のシミュレーターを使って各自どれくらいの料金になるか見てみてください。
当然早割も時期によって割引率が変わってきます。
⇒しまうま年賀状の印刷料金シミュレーター

もっとおすすめの年賀状印刷を知りたい!という貪欲なあなたは、
サイトトップページをチェックしてみてください!

⇒年賀状印刷が安いおすすめ業者!年賀状比較ランキング